胃もたれ 症状 原因 解消法

胃もたれ症状の原因と解消法

スポンサーリンク

あなたは胃もたれで苦しんだ事がありますか?
胃もたれは何らかの原因で、胃の運動機能が低下してしまうと、食べた物が胃で良く消化されなくなるため、十二指腸まで届くことなく、胃の中に長く溜まってしまうために引き起こされます。
この胃もたれの主な症状として、食欲不振、胃の痛みやむかつき、消化不良、お腹の重い感じ、げっぷ、腹部膨満感、吐き気などが挙げられます。
この胃もたれが引き起こされるのには一体、何が原因しているのでしょうか?
ここではまず胃もたれの原因について詳しくお話していきましょう。
・胃もたれの原因
上にも述べたように胃もたれは胃の運動機能が低下して、うまく消化されないため、胃の中に食べ物が留まり、その結果、引き起こされます。
この胃もたれは暴飲暴食や早食い、肉類や揚げ物などの脂質の多い食事や夜寝る直前にお食事をしたこと等が原因となって起こります。
食べ過ぎや飲み過ぎは胃の機能に負担をかけるので胃もたれが起こりがちなのです。
また、早食いも食べ物を良く噛まないで飲み込んでしまうため、胃に送られてから消化されるまで時間がかかってしまい、結果として胃に負担がかかるのです。
その上、早食いをすると食べ物と一緒に余分な空気も飲み込むので、腹部膨満感を感じることになります。
そして脂質の多いお食事や夜寝る前の食事も胃に食物が留まってしまうので胃の運動機能を低下させ、胃もたれを感じてしまうのです。
それでは具体的には、どのような解消法を実践していけばよいのでしょうか?

スポンサーリンク

・胃もたれの解消法
1.規則正しい食生活を心がける
毎日の食事時間を決めて、規則正しい食生活をするようにしましょう。
また、夕食も早めの時間帯に頂くようにします。
お食事の量も腹八分目にし、よく噛んで召し上げるといいですね。
2.消化の良い物を食べるように心がける
揚げ物や肉類等の脂肪が多いお食事は胃もたれを引き起こします。
納豆、豆腐などの大豆製品や半熟卵等の脂肪分の少ない、柔らかいお料理を食卓に並べるようにしましょう。
また、食物繊維の豊富な野菜も煮る、茹でる、蒸すなどの加熱調理をして食べるようにすると、胃に負担がかからずに済みます。
3.十分な睡眠時間を取り、ストレス解消法を見つける
毎日の仕事が忙しいと十分な睡眠時間を確保することも難しくなってきますが、不規則な生活が続くと胃の蠕動運動も低下してしまい、胃もたれを引き起こしてしまいます。
ご自身の身体を守るためにも、質のよい睡眠を取るように気を付けましょう。
また、ストレスが溜まると自律神経の働きが乱れ、胃に悪影響をもたらします。
ジョギング、ウォーキング、ストレッチ体操、水泳など、適度な運動を毎日の生活の中に取り入れたり、好きな音楽を聴いたり、趣味に没頭する時間を持つなど、自分なりのストレス解消法を見つけるようにしましょう。
このサイトでは、胃もたれの症状の原因と解消法について、症例を挙げて詳しく解説をしています。
胃もたれの症状かもしれないけど、原因や解消法が分からないという場合にはぜひ、読み進めてみてくださいね。

どうぞお体をお大事になさってくださいね。

スポンサーリンク